XPU、Stylized Looks、および新しいShading Systemの導入

カリフォルニア州エメリービル – 2021年6月29日 – Pixar社は本日、長い歴史の中で最大のリリースであるRenderMan®バージョン24をリリースし、アニメーションと視覚効果のための次世代レンダリングアーキテクチャであるRenderMan XPU™を発表しました。このメジャーリリースは、長編映画のVFXとアニメーションの外観の開発と双方向性に大きな進歩をもたらします。 XPU™の発売に伴い、Pixar社はCPUとGPUの両方を利用できるまったく新しいレンダラーをVFX業界に導入しました。

RenderMan XPU™はパイプラインに次のレベルのライブレンダリングを追加し、長編映画の複雑なアセットに即座にフィードバックを提供し、アーティストの反復作業を高速化します。このリリースには、Lamaという名前のレイヤードマテリアルのシェーディングシステムも含まれています。本来Industrial Light&Magic社で開発されたLamaは、長年にわたってプロダクションで実証されており、この最先端のシェーディングシステムは、RenderManのMaterialXの深い統合に向けた最初のステップを提供します。このリリースのもう1つのハイライトは、RenderMan Stylized Looks™という名前の、無限の可能性を秘めたノンフォトリアルレンダリングの新しいツールセットです。

「リリース24は、Pixar Animation Studiosでの映画制作のマイルストーンであり、お客様がRenderMan XPUの全機能を制作に活用するためのマイルストーンでもあります。レイヤードマテリアルとStylized Looksにより、アーティストが視覚的なクオリティを高めるためのまったく新しいツールセットを提供します。急成長しているBlenderコミュニティにRenderManを提供して、すばらしい映画製作への取り組みをサポートできることを大変嬉しく思います。」
 - Pixar Animation Studios社、RenderManバイスプレジデント、Oliver Meiseberg

バージョン24は、NVIDIAとの緊密なコラボレーションによるGPUへのOSLサポートの提供、業界標準のACESカラーマネジメントシステムの効率化されたサポート、ライブ統計、サーフェイスリアリズムの最先端の進歩、RenderMan for Blender®.の完全なリライトなど、他にも数多くの重要な進歩を提供します。

「RenderManは、DNEG社での最初の長編アニメーションにとって明白な選択肢でした。特に、SolarisおよびUSDとの統合が良くできていたことに私は特に興奮しています。アニメーションパイプラインを進めるにつれ、RenderMan 24の新しいlookdevツールを使用することを楽しみにしています。」
 -  DNEG社 長編アニメーション、ワークフローアーキテクト、Paul Baaske氏

「ILM社は数年前からLamaを使用して高品質のモジュラー素材を作成してきました。Pixar社とのコラボレーションにより、RenderManとMaterialX標準の一部の両方でそれを世界中の人々と共有できることを非常に嬉しく思います。世界中の才能あるアーティストがLamaの可能性をどのように活用するかを見るのが待ちきれません。」
 -  ILM社 、ルック/レンダリングエンジニアリングリード、André Mazzone氏

「新しいLamaシェーディングシステムの柔軟性により、複雑なレイヤードマテリアルに、より高い効率と精度でアプローチできるようになります。堅牢な一連のレスポンスとコントロールにより、ルック開発にとってすばらしいリリースになります。」
 -  ライカ社、CGスーパーバイザー、Eric Wachtman氏

アーティスト向けに、Pixar社はhttp://renderman.pixar.com にて新しいトレーニング資料と共にRenderMan Fundamentalsを更新します。

RenderManバージョン24は、メンテナンス契約が有効なお客様向けが対象で、renderman.pixar.comから本日ダウンロードできます。

RenderManは1ライセンス[初年度メンテナンス含む] あたり111,650円(税込)で、年間メンテナンスは33,000円(税込)でご購入いただけます。非営利プロジェクトを作成する研究者、個人アーティスト、および学生は、商用版リリースと同日にFree Non-Commercial RenderManにアクセスできます。詳細については、renderman.pixar.comをご覧ください

 

RenderManについて

RenderManは、アカデミー賞の受賞実績のあるレンダリングソリューションで、長編映画アニメーション、VFXの他、あらゆる種類のプロジェクト向けにすばらしい画像を作成することに抜きんでています。RenderManは、新しい創造的および技術的な課題に対処するために、また、コンピュータテクノロジーにおける最新の進歩を利用するために日々進化を遂げています。

>> Renderman の詳細・ご購入はこちら

 

Pixar Animation Studiosについて

The Walt Disney Companyの完全所有子会社であるPixar Animation Studiosは、アカデミー賞®の受賞実績のある映画スタジオであり、コンピュータアニメーションの分野での技術、創造、制作能力は世界的に有名です。『トイ・ストーリー』、『モンスターズ・インク』、『カーズ』、『Mr. インクレディブル』、『レミーのおいしいレストラン』、『ウォーリー』、『カールじいさんの空飛ぶ家』、『トイ・ストーリー3』、『メリダとおそろしの森』、『インサイド・ヘッド』、『リメンバー・ミー』など、大成功を収め、いつの時代も愛されているアニメーション映画が北カリフォルニアのスタジオで製作されています。これまで40部門ものアカデミー賞を獲得し、世界の興行収入は140億ドルを超えています。Pixar社の第23作目の長編映画『ソウルフル・ワールド』は、現在、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+」にて配信中です。Pixar社の最新作『あの夏のルカ』は、2021年6月18日にリリース予定です。